オリゴ糖 家族

家族みんなで使えるオリゴ糖とは?

 

人間のお腹の中には善玉菌、腸内の状態によって変わる日和見菌、悪玉菌が棲んでいます。

 

善玉菌が元気な時は有害な物質が吸収されにくく悪玉菌の増殖も抑えられています。
その他、腸管の免疫機能の向上、ビタミンの合成など体にとって大切な役割を果しているのです。

 

しかし、食べ物やストレス等の影響で悪玉菌が優勢になると腸内に腐敗物が溜まって善玉菌の力が弱くなり、
腸内の環境が悪くなることで下痢や便秘の症状が現れます。

 

日和見菌は善玉菌が優勢な時には善玉菌に、悪玉菌が多い状態の時には悪玉菌として働きます。
善玉菌の強い環境を作れば日和見菌も善玉菌として活躍してくれることになるのです。

 

一時期大ブームとなったオリゴ糖はお腹の調子を整えると言われています。
フランスにあるパスツール研究所で赤ちゃんの便の中からビフィズス菌が発見され、
その研究が進む中でビフィズス菌の増殖に影響を及ぼすものとしてオリゴ糖が確認されました。

 

つまり、腸内にいる善玉菌の一つであるビフィズス菌のエサになるものがオリゴ糖なのです。

 

オリゴ糖は食べ物から取れるのでしょうか?
実は大豆、アスパラガス、タマネギ、ゴボウなど様々な食物に含まれています。

 

しかし、腸内環境の改善を考えるのであればそれらを食事に取り入れても効率はよくありません。
それよりは、スーパーや薬局、通信販売等で買えるオリゴ糖を買って料理に使う方がずっと効果的です。

 

オリゴ糖を買いに行くといろいろな商品が陳列されていますが、人工的に作られたものも少なくありません。
種類もたくさんあり、甘さ、カロリーだけでなく働きも違うので、よく原材料など内容を見て選ぶ必要があります。

 

ビフィズス菌を増やすのに優れていると言われているのは、ほとんど消化されずに腸内でエサとなるフラクトオリゴ糖です。

 

フラクトオリゴ糖はショ糖から作られるものがほとんどですが、
含有量の多いヤーコン芋を使用している製品もあります。

 

各オリゴ糖の良い部分がうまく腸内で働くよう考えて作られた製品もありますので、
自分に合った使いやすいものを探してみるといいと思います。

 

ネットで評判の安全性の高い製品でしたら、赤ちゃん、
子どもから高齢者までどの世代でも便秘や腸内環境の改善に使うことができます。
品質の良いものは便秘になりやすい妊娠中、授乳中やホルモンのバランスが崩れる更年期にも使用可能です。

 

家族の心と体を守るためにオリゴ糖を活用してお腹からの健康維持を心掛けてみてはいかがでしょうか。

 

関連ページ

オリゴ糖ランキング
人気のオリゴ糖をランキングにしてまとめてみました。
体に良いのははちみつかオリゴ糖かどっち?
甘味料で知られるオリゴ糖とはちみつ。でもそれぞれに効果などに違いがあります。あなたに合った甘味料を使うようにしましょう。
オリゴ糖とビフィズス菌の違い
オリゴ糖とビフィズス菌。これら二つはどちらもお腹には良いけれど、同じものではありません。どのような違いがあるのかを知って、より一層お腹の調子を良くしていきましょう。
オリゴ糖が便秘を解消するメカニズムとは?
オリゴ糖がどのようなメカニズムで便秘を解消するのか、あなたはご存知ですか?